新看護観察のキーポイントシリーズ 成人内科Ⅰ


シリーズ全面改訂!
『新看護観察のキーポイントシリーズ』

観察力を向上させる
根拠(エビデンス)とワザを集大成100万部突破のシリーズを全巻改訂


「看護実践過程は観察で始まり観察で終わる」ことを主眼に、成人内科における観察項目を臓器別・疾患別にまとめた。
急性期、回復期、退院時といった経過ごとに必要な観察視点と看護ケアを解説、最新の知見も加え、対象の個別性に応じたよりよい看護実践に向けて最適の1冊。
観察のための具体的な方法やコツ、観察したことが何を意味するのか、どの程度の危険を予測できるか、そしてどう対応すべきかといった、ナースにとって実践上の問題解決ヒントが満載。

内容見本は「急性期・周手術期II」です

もくじ
1看護観察総論
内科における看護観察/ナースが行うヘルスアセスメント/バイタルサインの観察/身体の観察/生活行動援助の観察
2薬物療法中の観察
観察の基本/各種薬物による治療時の観察/症状と観察
3リハビリテーション看護における観察
回復過程に沿ったリハビリテーション看護/急性期の観察と看護/回復期の観察と看護/退院後の生活に向けた援助のための観察
4代謝疾患をもつ患者の観察
糖尿病/肥満症/骨粗鬆症・骨折

書籍データ
著者小野寺綾子、陣田泰子=編集 判型B5
ISBN978-4-8058-3410-7 頁数362頁
発行日2011年3月20日 価格3,240円(税込)
e-booksで購入
立ち読みする

関連商品