根拠と写真で学ぶ看護技術 2 観察・処置を支える援助

教科書では押さえきれない看護技術の細部を、連続写真とその行動の根拠で解説するシリーズ。技術を再確認するポイントも掲載。2巻では、バイタルサインや関節可動域測定、採血・採尿、注射や輸血などの与薬、酸素吸入、吸引、罨法といった観察・処置を支える技術を解説する。


根拠と写真学ぶで看護技術2
観察・処置を支える援助
CONTENTS  目次
1観察・計測
バイタルサインの測定
中心静脈圧(CVP)測定
身体各部の計測
関節可動域測定(ROM-T)
●もう一度確認/●こんなときどうする?/●ミニ知識
2採血・採尿
静脈血採血
血液ガス分析
血液培養
採尿の方法
尿の検査
●もう一度確認/●こんなときどうする?/●ミニ知識/●検討事例
3与薬
経ロ与薬
口腔内(舌下)与薬
直腸内・膣内与薬
経皮与薬:狭心症治療薬の場合
点眼与薬
点耳与薬
注射
輸血
●もう一度確認/●こんなときどうする?/●ミニ知識/●検討事例
4酸素吸入
中央配管からの酸素吸入
酸素ボンベからの酸素吸入
●もう一度確認/●こんなときどうする?/●ミニ知識/●検討事例
5吸引(一時的吸引法)
気管切開時の開放式気管内吸引(中央配管の場合)
気道吸引
●もう一度確認/●こんなときどうする?/●ミニ知識
6罨法
温罨法
冷罨法
●こんなときどうする?/●ミ二知識

書籍データ
著者安藤郁子=編著 判型B5
ISBN978-4-8058-3356-8 頁数282頁
発行日2011年9月15日 価格3,300円(税込)
e-booksで購入

関連商品