食品衛生の歴史と科学 人はいかにして毒を知り食の汚染を防げるようになったか

「ふぐはなぜ毒を持つのか?」「ナポレオンの死因はヒ素による毒殺?」「水素水には効果がない?」など数々のエピソードを交えて、食品衛生の歴史とその進歩を解説。食中毒や有害物質などの食品衛生の各分野を、文献調査と現状の知識からその全貌を明らかにする。

日本図書館協会選定図書


目  次
まえがき
第1章 食中毒
 1 細菌による食中毒
 2 動物性自然毒による食中毒
 3 植物性自然毒による食中毒
 4 化学物質による食中毒
 5 食品の腐敗、酸敗による食中毒
第2章 マイコトキシン(カビ毒)
第3章 発がん化学物質
第4章 有害元素
 1 水銀
 2 ヒ素
 3 鉛
 4 カドミウム
 5 銅
第5章 農薬
第6章 食品添加物
第7章 水質と汚染物質
 1 水質
 2 洗剤
第8章 放射性物質
第9章 器具・容器包装
あとがき
編・著者紹介

書籍データ
著者細貝祐太郎=編集 判型A5
ISBN978-4-8058-3879-2 頁数278頁
発行日2013年8月20日 価格2,640円(税込)
e-booksで購入

関連商品