• HOME
  • 福祉士養成講座
  • 相談援助の理論と方法II 第3版

新・社会福祉士養成講座8 相談援助の理論と方法II 第3版

社会福祉士養成カリキュラム・出題基準に対応したテキスト。
本巻では、相談援助における人と環境の交互作用に関する理論や、相談援助の対象、さまざまな実践モデル、相談援助の過程とそれに係る知識や技術、相談援助の実際などについて学ぶことができる。


目  次
第1章 相談援助における対象の理解
 第1節 社会福祉援助活動の概念と定義
 第2節 相談援助の対象をどうとらえるか
 第3節 新たなソーシャルワークの展開と
      社会福祉士認定制度

第2章 ケースマネジメント
     (ケアマネジメント)
 第1節 ケースマネジメントの基本
 第2節 ケースマネジメントの過程
 第3節 ケースマネジメントにおける
      アセスメントの特徴
 第4節 ケアプランの作成・実施の特徴
 第5節 ケースマネジメントの特徴
 第6節 ケースマネジメントと
      ソーシャルワークの関係

第3章 グループを活用した相談援助
 第1節 グループを活用した相談援助
 第2節 自助グループを活用した相談援助

第4章 コーディネーションと
     ネットワーキング
 第1節 コーディネーションの目的と意義
 第2節 コーディネーションの
      方法・技術・留意点
 第3節 ネットワーキングの意義と目的
 第4節 ネットワーキングの方法
 第5節 地域福祉を推進するための
      総合的なネットワークの形成と
      システム化

第5章 相談援助における
     社会資源の活用・調整・開発
 第1節 社会資源の活用・調整・開発の
      意義と目的
 第2節 社会資源の活用・調整・開発の
      方法と留意点
 第3節 ソーシャルアクションによる
      システムづくり

第6章 さまざまな実践モデルとアプローチⅠ
 第1節 実践モデルとその意味
 第2節 治療モデル、生活モデル、
      ストレングスモデル
 第3節 ジェネラリスト・ソーシャルワーク
      の展開と実践モデル
第7章 さまざまな実践モデルとアプローチⅡ
 第1節 心理社会アプローチ
 第2節 機能的アプローチ
 第3節 問題解決アプローチ
 第4節 課題中心アプローチ
 第5節 危機介入アプローチ
 第6節 行動変容アプローチ
 第7節 事例考察によるアプローチ理解

第8章 さまざまな実践モデルとアプローチⅢ
 第1節 エンパワメントアプローチ
 第2節 ナラティブアプローチ
 第3節 認知アプローチ
 第4節 その他のアプローチ
 第5節 事例考察によるアプローチ理解
 第6節 アプローチをめぐる課題

第9章 スーパービジョンとコンサルテーション
 第1節 スーパービジョンの意義と目的
 第2節 スーパービジョンの方法と留意点
 第3節 コンサルテーション

第10章 ケースカンファレンスの技術
 第1節 ケースカンファレンスの意義と目的
 第2節 ケースカンファレンスの運営と展開過程
 第3節 ケースカンファレンスの実際
 第4節 ケースカンファレンスの評価と普遍化

第11章 相談援助における個人情報の保護

第12章 相談援助における情報通信技術(ICT)の活用

第13章 事例研究・事例分析
 第1節 事例研究の目的と意義
 第2節 事例研究の方法と留意点
 第3節 事例分析の目的と意義
 第4節 事例分析の方法と留意点

第14章 相談援助の実際

書籍データ
著者社会福祉士養成講座編集委員会=編集 判型B5
ISBN978-4-8058-5104-3 頁数340頁
発行日2015年2月 1日 価格2,860円(税込)
e-booksで購入

関連商品