TEACCHプログラムに基づく 自閉症児・者のための自立課題アイデア集 身近な材料を活かす95例

特別支援学校や福祉施設において自閉症の人の活動の軸となる「自立課題」。
本書はTEACCHプログラムに基づいて、身近で手軽な素材を使った作り方を紹介。
さらに、日常生活での活用方法も提案する。
数多くのアイデアを紹介することで、個別性に応じたかかわりを支援する。



目  次
第1章 自立課題の種類と選び方
 1 TEACCHプログラムと自立課題
 2 合理的配慮による自閉症の人の自立
 3 自立課題の有効性
 4 特性や興味関心を活かした自立課題
 5 自閉症の特性を捉えるには
 6 自立課題のカテゴリー
 7 自立課題を構成する視覚的構造化
 8 自立課題の製作に向けて

第2章 自立課題のアイデア95
 1 身体を動かす(粗大運動・微細運動)
  ・基本のペグ挿し
  ・ひもの穴通し
  ・背伸びでボール入れ
  ・ボトルキャップすべり台
   ほか
 2 物を分ける(分類・マッチング)
  ・いろいろ「緑」の分類
  ・向き合わせ型はめ
  ・消しゴム型はめ
  ・横や裏までマッチング
   ほか
 3 物を入れる(プットイン)
  ・ピンポン玉をプットイン
  ・モールをストローにプットイン
  ・ストローをフックにプットイン
  ・小さなグラスにプットイン
   ほか
 4 組み立てる・物を包む
  ・えんぴつキャップをパッケージ
  ・ダブルクリップ囲い止め
  ・人形まとめて袋詰め
  ・靴下かぶせ
   ほか
 5 暮らしに役立てる
  ・靴下干し
  ・メニューの値段の支払い
  ・つめたい?あつい?
  ・メニューカードの分類
   ほか
 6 楽しく遊ぶ
  ・△パズル
  ・同じ模様は何個?
  ・小さな「目」でサイコロ分別
  ・動物福笑い
   ほか
 7 学習に役立てる
  ・100までパズル
  ・アナログ時計マスター
  ・小さい・中くらい・大きい
  ・文字の組み立てパズル
   ほか

第3章 自立課題を日課に組み入れる
 1 構造化された環境を設定する
 2 「構造化された環境」セットアップ例
 3 活動場所と相性の問題、支援体制の工夫
 4 自立課題の評価と再構造化
 5 受託作業を自立課題にアレンジ

書籍データ
著者諏訪利明=監修/林 大輔=著 判型B5
ISBN978-4-8058-5837-0 頁数152頁
発行日2019年3月25日 価格2,376円(税込)
e-booksで購入
立ち読みする

関連商品