• HOME
  • 特集
  • 外国人のための介護書籍特集

特集

メディアなどで話題になっている注目本、オススメ本、売れ筋本、アプリのご紹介

日本の介護現場で働く方のために

外国人のための介護書籍特集

2017年11月から介護職種の外国人技能実習制度がスタートし、介護業界への外国人受け入れはさらに広がっています。
日本の介護現場で働く外国人の方向けに、介護の知識や業務について学ぶ書籍をご用意しました!



外国人のための やさしく学べる介護のことば
一般社団法人海外介護士育成協議会=編集/甘利庸子、髙橋絵美=編著
2017年10月刊行

介護分野の技能実習生として入国する外国人に向けて、介護で使う日本語をまとめた一冊。あいさつから、病気・症状、生活援助、身体介護など、介護の現場で必要となる言葉を場面ごとにわかりやすく示す。入国前の研修だけでなく、入国後の自己学習にも使えるテキスト。

<目次>
1.基本のあいさつ
2.介護の仕事
3.バイタルチェック
4.病気・症状
5.薬
6.からだのしくみ
7.生活援助
8.身体介護
9.レクリエーション
10.リハビリテーション
11.巡視・巡回
12.勤務体制
13.その他の言葉
14.日本の生活
会話例 単語集

外国人のための やさしく学べる介護の知識・技術
一般社団法人海外介護士育成協議会=編集/甘利庸子=編著
2017年10月刊行

介護分野の技能実習生として入国した外国人に向けて、介護の知識と技術を解説したテキスト。介護の基本、老化の理解、生活支援技術など初任者研修のカリキュラムに沿った内容を、技能実習生向けにわかりやすく編集。分かち書き・漢字へのふりがなで実習生の理解を促進する。

<目次>
第1章 職務の理解
第2章 尊厳の保持と自立支援
第3章 介護の基本
第4章 介護と医療の連携
第5章 介護におけるコミュニケーション
第6章 老化の理解
第7章 認知症の理解
第8章 障害の理解
第9章 こころとからだのしくみと生活支援技術
第10章 生活支援技術演習

外国人のための 会話で学ぼう!介護の日本語
指示がわかる、報告ができる
一般社団法人国際交流&日本語支援Y=編著/公益社団法人国際厚生事業団=協力
2017年9月刊行

介護現場で働く外国人が『上司の指示が聞け、報告ができる』ようになるための日本語テキスト。まずはマンガで指示~報告までの流れをロールプレイ。更に文法と慣用句等の日本語独自の表現を解説する。別冊には4か国語の翻訳と語彙表付き。施設内研修や留学生の副教材として。

<目次>
第1部
 1章 自己紹介
 2章 仕事1日目
 3章 洗顔と整髪
 4章 着脱
 5章 車いす移動
 6章 杖歩行
 7章 食事
 8章 排泄
 9章 おむつ交換
 10章 入浴
 11章 清拭
 12章 環境整備
 13章 口腔ケア
 14章 緊急時の対応「誤飲」
 15章 認知症の人への対応「物盗られ妄想」
 16章 認知症の人への対応「帰宅願望」
第2部 指示を聴く練習
第3部 報告する練習
別冊 翻訳
 英語/インドネシア語/ベトナム語/ミャンマー語
 語彙リスト ※日本語読み上げのダウンロード音源付き

介護福祉用語和英・英和辞典
澤田 如、住居広士=著
2017年10月刊行

介護福祉で必要な用語の和英・英和辞典。現場専門職や介護・福祉等の教育・研修関係者、研究職の方々が国際的に交流できるよう豊富な用語数(和英7260、英和5603)を収載。さらにはEPAや留学生、技能実習生等の外国人の学習用に、重要な用語を抽出した英文解説も収載する。

<目次>
はしがき
本辞典の特徴と構成
第1部 和英
第2部 英和
第3部 和英用語解説