相談援助職の記録の書き方 短時間で適切な内容を表現するテクニック

速く、楽に、的確に
記録が書ける!


『根拠ある記録』を素早くつけて
スッキリ明日を迎えましょう


電子カルテの導入や説明責任、個人情報の開示請求など、近年相談援助職の記録には高い客観性と専門性が求められている。本書では、記録に必要とされる要素や用いるべき語句、実際の記録の添削例などを収載し、限られた時間で的確な記録を残す具体的なノウハウを提示する。
相談援助職の記録の書き方
短時間で適切な内容を表現するテクニック
もくじ
第1章
対人援助職に求められる記録

 記録は誰のために書くか?
 歴史的背景
 援助職に求められる倫理的責任と法的義務
 記録の果たす役割

第2章
記録に必要とされる要素

 名文家は良い援助職にはなれない
 面談中の情報を記録する
 情報に基づいて問題を把握する
 問題を解決するための支援計画を作成する
 計画の実施、フォローアップとモニタリングをする

第3章
実践で活用できる記録のフォーマットと表現集

 実践で活用できる記録のフォーマット
 専門家として適切な表現集

第4章
記録の実際
―――事例と解説
 医療現場の記録
 高齢者施設の記録
 ケアマネジャーの記録
 就労支援の記録
 カウンセリングの記録

書籍データ
著者八木亜紀子 判型B5
ISBN978-4-8058-3721-4 頁数200頁
発行日2012年9月10日 価格2,376円(税込)
e-booksで購入

関連商品