• HOME
  • 福祉
  • 改訂 起立性調節障害の子どもの正しい理解と対応

改訂 起立性調節障害の子どもの正しい理解と対応

子どもの不調、その原因は
「起立性調節障害」かもしれません。
朝起きが苦手、めまいがする、しかし夜には目がさえてしまう「起立性調節障害」。
本書は「寝不足」「怠け」「気持ちの問題」と誤解を招くこの疾患の診断・治療やサポート法を平易に解説。
医師・親・教育関係者が適切な対応を理解できる。
最新のガイドラインに対応した改訂版。




目  次
第1章 今、子どもたちに何が起きているか?
 ・起立性調節障害の日常─ひろし君の場合
 ・起立性調節障害の悲劇─たろう君の場合

第2章 なぜ「起立性調節障害」は
     気づかれないのか
      -起立性調節障害を理解する-
 ・起立性調節障害が「病気」として
  理解されにくいわけ
 ・新しい診断基準により鑑別ができるように
 ・新しい検査方法と
  起立性調節障害の新しい理解
 ・起立性調節障害の病態生理

第3章 起立性調節障害の子どもたちの
     SOSサインを見逃すな
 ・起立性調節障害は「怠け病」に誤解される
 ・起立性調節障害の子どもに見られる心の問題

第4章 診断と治療はこう行われる
 ・新しくなった診断法と治療法
 ・診断の手順
 ・治療の進め方
 ・薬物療法
 ・季節による症状変動を知って再発に備えよう

第5章 周囲のサポートが子どもたちを救う
 ・サポートの基本的な考え方
 ・家庭でのサポートはどうするか
 ・教育現場でのサポートはどうしたらよいか

第6章 起立性調節障害のここが知りたいQ&A
 Q1 起立性調節障害にかかりやすい年齢や
    頻度を教えてください。
 Q2 なぜ朝起きが悪いのですか?
    十分に睡眠をとっても治らないのでしょうか?
 Q3 朝なかなか起きられずに不登校が続いています。
    学校が原因でしょうか?
 ほか

書籍データ
著者田中英高=著 判型四六
ISBN978-4-8058-5475-4 頁数166頁
発行日2017年3月15日 価格1,728円(税込)
e-booksで購入
立ち読みする

関連商品