• HOME
  • 福祉
  • 改訂 地域包括支援センターのソーシャルワーク実践

改訂 地域包括支援センターのソーシャルワーク実践

改訂 地域包括支援センターのソーシャルワーク実践

地域包括支援センターにおけるソーシャルワーク実践の入門書。
「地域の実態把握の方法」「ネットワーク構築の重要性」「権利擁護の制度理解」「高齢者虐待の予防と対応法」「業務管理と環境整備」など、総合相談支援・権利擁護業務を展開する上で欠かせない知識を網羅する。


改訂 地域包括支援センタの
ソーシャルワーク実践
CONTENTS

第1章 介護保険と地域包括支援センター
地域包括支援センターの制度構成
地域包括支援センターの事業内容と職員の基本的視点
地域包括支援センターに関する市町村の役割
まとめ

第2章 地域を基盤としたソーシャルワークの特質と機能
地域を基盤としたソーシャルワークとは?
社会福祉士の視点からその業務を遂行するということ

第3章 総合相談の視点と方法
総合相談の意義
総合相談の実践

第4章 実態把握とネットワーク構築の意義
ネットワーク形成の重要性
実態把握の理解
地域のネットワーク構築の理解

第5章 権利擁護の意義と制度の理解
地域包括支援センターにおけるソーシャルワークと権利擁護
地域包括支援センターの業務と権利擁護の関係
権利擁護のための方法
地域包括支援センターにおける権利擁護活動の実際例

第6章 高齢者虐待と地域包括支援センター
高齢者虐待とは
高齢者虐待対応における地域包括支援センターの役割
虐待予防の取り組み
高齢者虐待対応ソーシャルワークモデルと養護者による高齢者虐待対応の手引きの策定

第7章 地域包括支援センターにおける環境整備と業務管理
      ~センターの目的にかなう業務の円滑な推進のために~
業務管理・環境整備の必要性
総合相談支援業務を進めるうえでの環境整備
総合相談支援業務を進めるうえでの業務管理

資料

書籍データ
著者社団法人日本社会福祉士会=編集 判型B5
ISBN978-4-8058-3639-2 頁数200頁
発行日2012年6月20日 価格2,484円(税込)
e-booksで購入

関連商品