生活排水処理改革 持続可能なインフラ整備のために

次世代生活排水処理インフラの整備のための
入門書・概説書・提言書として活用できる一冊
人口減少社会を迎え、公共インフラの在り方に関しては、その持続可能性が問題となっている。
本書は生活排水処理インフラである、下水道と浄化槽の現状と展望を踏まえ、持続可能でリーズナブルな「浄化槽」が適切な選択肢であることを様々な角度から検証したものである。


目  次
第1章 人口減少社会とインフラの持続可能性
 1 納税者の減り続ける国・ニッポン
    2年で鳥取県居住人口と同程度の人口減少
    “母数”減による少子化と、市町村の消滅可能性
    ほか
 2 人口減少下のインフラ整備
    進む老朽化、一斉に押し寄せるインフラ更新需要
    インフラ維持管理・更新費用、20年後は5割増に
    ほか

第2章 生活排水処理インフラの現状と展望
 1 「集合処理」と「個別処理」
    地域で一括処理するか、1軒1軒個別に処理するか
    重厚長大の集合処理インフラ、
     モジュール型の個別処理インフラ
    ほか
 2 整備状況
    いまだ人口の1割が「生活排水未処理」
    2030年代半ば以降は
     人口とインフラ整備水準が逆転?
    ほか
 3 下水道事業の財政収支
    下水道の費用負担、
     「汚水は使用料で、雨水は税で」の“原則”
    初期団体の使用料を抑えるための公費投入
    ほか
 4 不合理な選択、不都合な真実
    価格を通じた合理的選択のメカニズムの不発
    下水道のほうが“割安”という誤解、不都合な真実
    ほか
第3章 浄化槽という選択肢
 1 “つなぎ”的存在から、
   恒久的な汚水処理施設へ
    「1億総水洗化」政策と、全国的普及をみた単独処理浄化槽
    生活排水問題、合併処理浄化槽の「小型化」「高性能化」による解決
    ほか
 2 浄化槽と下水道の差は何か
    浄化槽も下水道もメカニズムは同じ
    強いていえば、「オンサイト/オフサイト」の違い
    ほか
 3 「浄化槽の劣る点」を検証する
    浄化槽と下水道の差は「軽乗用車と普通乗用車」の如し
 4 近年の浄化槽の動向と展望
    「膜分離技術」を活用したニュータイプ
    災害発生時の避難所「あんしん衛生トイレ」
    ほか

第4章 今、ここから始める課題解決
 1 持続可能でリーズナブルなインフラへ
    国の財布は“頼み”にできない
    住民には「これから何が起こるか」を伝える
    ほか
 2 「垂れ流し根絶」のために
    1900万人が未処理の生活雑排水を垂れ流し
    既設単独処理浄化槽は合併型への転換を義務づけ、撤去費用は全額補助
    見直し後の全体像

書籍データ
著者『生活排水処理改革―持続可能なインフラ整備のために―』をつくる会=編 判型A5
ISBN978-4-8058-5486-0 頁数194頁
発行日2017年3月31日 価格1,620円(税込)
e-booksで購入

関連商品