会社情報

中央法規出版の会社情報

ごあいさつ

加除式法令書、六法から実務書、一般向け書籍まで...。
68年の信頼と実績をもとに、
出版物を通して社会へ貢献していきます。
当社は昭和22年創業以来、一貫して法令書の普及を生業とし、本省庁はもとより、県庁、市町村役場の出先機関、福祉施設、病・医院、あるいは各種の学校など、多岐に亘るお客様から厚い信頼を頂き、お蔭様をもちまして2015年には創立68年を迎えることができました。

かつて、我が社の出版物は加除式法令書が主体であり、単行本と呼べるものは法律の解説書と六法をわずかに発行するのみでありました。そこで三十数年前より、従来の加除式法令書から脱却して、現場で実務に携わっている施設の介護職やホームヘルパー、病院の看護師の方々、そしてそれらを志している学生の方に役立つ実務書の発行に力を注いでまいりました。その結果、各方面よりご好評を頂き、これが我が社の進むべき道であり、これまで以上に良書の発行に努めていくのが使命であると認識した次第であります。

我が社は、永年に亘り国民生活に密着した厚生行政を中心とした法令書の発行を中心に出版業を営んでまいりました。今後も厚生労働省や環境省等の主管する法令、それから派生する実務書、手引書、辞典・事典等、厚生行政関連のあらゆる分野を徹底し、アカデミックなものからDVD、Web関連商品、電子書籍に至るまで、お客様のニーズに応え、良質で内容の濃いものを出版することを理念に、出版物を通して社会へ貢献し、「暮らしの安心を支え、信頼される企業であり続ける」ために、さらに努力を重ねてまいる所存です。